可能性が広がる働き方

現在もIT業界は躍進を続けていて、支えるIT技術職の存在も世間に広く認知されてきているだろう。その中で能力や実力を持った者たちが独立して、フリーランスや個人事業主として働き始める新しい形が生まれているのだ。これまでもフリーランスという働き方はあったが、主に作家や漫画家、ライターといった特別な才能や能力が必要と思われたのである。しかしIT技術職はスキルや知識を学ぶ必要があるが、努力次第では誰でも習得が可能になるもので、身に付ければ独立して働くことも視野に入れることができるだろう。そしてこれは現在抱えている社会問題のひとつの解決法であり、例えば子育てや介護で自宅を長く空けられない場合、職に就くのが難しくなるが、フリーランスという形ならうまく行えば時間を調整して働くことが可能なのだ。それゆえ将来性が高く注目されている一方で、不安な面もあり解決が急がれているのである。

そのひとつが個人作業が中心となる仕事で、人によってはほとんど誰とも会わず孤独感を募らせていくというものだろう。適度に人と接することは精神面に良い影響を与えるが、誰とも会わないとコミュニケーション能力は少しずつ落ちていくもので、無意識にストレスが溜まっていく場合も考えられるのだ。それゆえノマド用のフリースペースやレンタルオフィスを活用するなど、時に仕事以外の他人と接する機会を作ることも必要である。それでも新しい働き方として、注目が高まっているのだ。
孤独感を抱えるフリーランスに参考となるサイト:「孤独に耐えられないフリーランスはどうする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です